東京のソープ街|都心でも!地方でも!どこでも遊べる高級ソープについて

東京のソープ街

座っている女性

花の大都市、東京都は、さすがは日本の首都にして世界でも指折りの人口密度を誇り人や物が充実している都市であるだけに、ソープランドの数も少なくありません。しかもその主だったお店はすべて、ただ1ヶ所のソープ街に集まっているというのですからさらにスゴイ!ということになるでしょう。
そのソープ街とは、昔ながらの下町情緒が今も生きており、観光名所となっている東京都台東区にある、吉原というエリアです(もちろん、吉原が老若男女が訪れる観光名所になっているわけではありません!)。吉原は、時代劇をよく見る人なら知っているかと思いますが、何といっても江戸時代の公娼制度の中で遊郭が設置されていたエリアとして知られています(実際、厳密な場所は違いますが吉原はその頃の遊郭から名前を受け継いだ街となっています)。
吉原で味わうことができるのは、もちろん東京ならではのシティガールたちの味。服を着せて渋谷を歩いてもらえば「東京の美女」というキャプションをつける写真が撮れるような、そんな女の子たちが吉原にはそろっています。伝統ある老舗が多く、どのお店も女の子の採用基準にかけてはハイレベルなものを考えているので、たとえ料金が安い大衆ソープであるとは言っても、普通に「クラスのカワイイ子」レベルの女の子が揃っている、という感じになっています。地方出身の人は特に覚えがあるでしょう、「クラスにひとりはいたカワイイ子」「いつかこの子は東京に行くんだべな」と思っていた子…まさにそういう感じの女の子が、吉原のソープランドにはいらっしゃるわけです。